収益物件を購入する時は資金が必要|ガシガシ投資で賢く大儲け

家の模型

不動産投資の方式

外観

物件を選ぶ

マンション経営のように収益物件を購入する場合には手元に資金がなくても、資金を借り入れることで購入することができます。収益物件そのものが担保になりますので、資金の借り入れが可能なのです。最近は金利が下がっており資金を借り入れても利息が少なくて済みます。そのため、一般のサラリーマンの中で収益物件の購入が人気です。特に入居者が入っているような物件の場合には、既に月々の収益が発生していますので、購入した時点から収入を得ることができます。このような収益物件のことをオーナーチェンジ物件と言いますが、収益の確実性が高いため人気があるのです。また、既に月々の家賃が入っていることから、将来的な利回りが分かりやすいというメリットがあります。

オーナーチェンジ物件

オーナーチェンジ物件の場合には、注意しなければならない点もあります。入居者が住んでいる物件になりますので、物件の内部を十分に見ることができません。内部の状況がよくわからないまま物件を購入しなければならないのです。また、家賃を支払っている人がいるわけですから将来の収益額が算出しやすいというメリットがあるものの、その入居者がいつまでいるかという点も重要です。既に10年以上住んでいるような状況の場合には、もしかするとオーナーチェンジの時点で退去してしまうかもしれません。また、オーナーチェンジするということは、その収益物件自体が老朽化しているという可能性もありますので、リフォームの必要性も考える必要があります。