収益物件を購入する時は資金が必要|ガシガシ投資で賢く大儲け

住宅

不動産投資を実践する

お金

資金調達が容易

一般的に、住居を購入する場合には金融機関で資金を買い入れる事が可能です。それと同様に収益物件を購入する場合の資金も金融機関から借り入れることができます。購入費用は通常のマンションと変わりませんから数千万円以上の大きな買い物になります。複数の物件を購入する場合にはそれだけ費用が増えることになります。現在、金利が低下していることから、資金を借り入れて収益物件を購入しても、十分に家賃収入で利益を得ることができます。この状況は今後も継続することが予想されるため、不動産投資はさらに増加していくことが考えられます。金利が低下しても家賃が引き下げられるということはありませんから、資金を借り入れてでも不動産投資を行うなら今が好機と言えます。不動産投資であれば安定的な収益を得ることができるのです。ガシガシ投資で賢く大儲けしましょう。

入居者付き物件

不動産投資として収益物件を購入する場合に重要なことは収益物件の選び方です。アパートやマンションなど形態は様々ですし、それ以上に不動産物件ですから物件数も多くあります。その中から収益性の高いものを選ぶ必要がありますので、選び方が重要になるのです。特に人気が高いのがオーナーチェンジ物件と呼ばれる入居者付きの物件です。入居者が入っていますので、購入したらすぐに収益を得ることができる点がメリットです。収益物件を購入する場合のリスクは何と言っても収益不足に陥ることです。せっかく物件を購入しても空室が埋まらないまま収入が入らずに売却してしまうのでは意味がありません。その点、入居者が入っていれば安心できるのです。

投資物件を検討する

マンション

収益物件を購入する場合には人気の高い物件を選ぶようにしなければなりません。そのためには、入居者の目線に立って入居目的に沿った物件を選ぶことが重要です。また、空室対策が素早い物件ほど将来的にも空室が少ないと予想されます。

詳細

計画的な不動産投資

電卓と家

収益物件とは家賃収入を得ることができる物件のことを言いますが、物件購入を検討する場合には利回りを確認することが大切です。収支計画を立てる場合には、どの程度の期間の収益を見込むかで利回りが変わりますので注意が必要です。

詳細